新型コロナワクチンは接種後3年間に予防接種健康被害救済制度の審査で、6,988人が健康被害を受け、その内561人の死亡が認定されました(1)。これはコロナ以外のワクチンの過去45年間の死亡者158人を大きく上回ります。今なお申請件数は増え、認定審査が未了の死亡者が多数います。このままではワクチンによる死亡者数は1000人近い数まで増加する勢いですが、まだまだ氷山の一角かもしれません。これは過去に例のない薬害被害です。

(1)2024年4月17日現在における厚生労働省の公表値。国から新しい公表値が発表されたときは数値を改訂します。

さらに、2012年から2021年までの65歳以上のインフルエンザワクチン総接種回数は1億8千万回で、死亡者数はわずかに4人でした。一方、新型コロナワクチン総接種回数は、ほぼ同数の1億9千万回でありながら、死亡者数はなんと102倍の411人です(1)。65歳以上の高齢者の新型コロナワクチン接種は予防接種法によりインフルエンザワクチンと同じ定期接種に指定されましたが、このまま高齢者に接種を続けるのはリスクがあります。

特例承認薬である新型コロナワクチンにはこのような安全性に関わる問題がありながら、現在でも接種が継続されています。令和5年度の新型コロナワクチンの健康被害認定に関わる当初の予算は3億6,000万円でした。 しかし、補正予算ではなんと397億7,000万円、実に110倍までに増額されています。 すなわち国が想定する100倍以上の健康被害が出てしまったと考えられます。

私たちは新型コロナワクチン接種の一時停止ならびにワクチンの安全性再評価のために透明性のある第三者機関での審査を政府に要求します。

【署名 I 】死者激増の説明を求める詳細
【署名III】国際保健規則(IHR)改定とパンデミック条約に反対する詳細

【署名の入力方法】
 [First Name]=あなたのお名前(例:太郎)
 [Last Name]=あなたの姓        (例:署名)
 [Email]=メールアドレス         (例:taro@wch-japan.org)
 [Postal Code]=郵便番号         (例:123-4567)
 賛同頂ける署名I、II、IIIの▢にチェックを入れてください(2個あるいは3個全て選択が可能です)
 日本国籍であることを▢にチェックしてください
 全て入力頂いた後、[署名する]ボタンを押してください
 [署名する]ボタンは1人1回しか押せません
 署名後に確認のメールが送信されています。必ずメールをご確認の上、確認リンクを押してください。
 メールが確認できない場合は、迷惑メールフォルダもご確認いただきますようお願いいたします。
 署名をチェックする前に誤って送信ボタンを押してしまった場合は、紙の自筆署名をダウンロード、印刷の上、郵送してください。
2024/05/28 15:40 時点で72858人の方が署名をされました。
これに加えて、別途9,173人分の自筆署名が事務局に届いています。(5月24日現在)

【紙による自筆署名】(5/20必着記載分)もそのままお使いいただいて問題ありません。

私たちの活動に署名をお願いします(日本語でご記入ください)


powered by QualitySoft