世界保健機関(以下WHOと表記)は各国の公衆衛生に関わる勧告をする組織です。しかし、新型コロナパンデミック対策をmRNAワクチンで進めて大きな失敗をしたのにもかかわらず、私たちに新たな法的拘束など強い規制を伴う条約の制定を進めています。それが国際保健規則(IHR)改定とパンデミック条約です。

パンデミック時に国家主権や人権の侵害、ワクチンパスポートやワクチン接種の義務/強制、言論の取締りなどが改定に含まれていますが、さらに不透明なまま様々な条約案の変更が行われています。WHOにはビル&メリンダ・ゲイツ財団やワクチン関連団体がアメリカやドイツより多い資金を提供し、その発言がWHOの政策に影響力を持っていることから、この条約の制定の経緯と信頼性に不信や疑惑が募ります。

この条約改定/制定は5月のWHO総会で採決が予定されています。しかし、この条約案は4ヶ月前には各国に公開しなければならない規則がありながら、現在まで公開していません。各国が十分な検討期間を設けなければならないという手続を無視し、WHO総会直前に条約改定/制定案を公開し、強引に採決に持ち込もうとしています。私たちは日本国がこの条約を締結しないように政府に要求します。

【署名 I 】死者激増の説明を求める詳細
【署名 II】ワクチンの薬害と死亡の説明を求める詳細

【署名の入力方法】
 [First Name]=あなたのお名前(例:太郎)
 [Last Name]=あなたの姓        (例:署名)
 [Email]=メールアドレス         (例:taro@wch-japan.org)
 [Postal Code]=郵便番号         (例:123-4567)
 賛同頂ける署名I、II、IIIの▢にチェックを入れてください(2個あるいは3個全て選択が可能です)
 日本国籍であることを▢にチェックしてください
 全て入力頂いた後、[署名する]ボタンを押してください
 [署名する]ボタンは1人1回しか押せません
 署名後に確認のメールが送信されています。必ずメールをご確認の上、確認リンクを押してください。
 メールが確認できない場合は、迷惑メールフォルダもご確認いただきますようお願いいたします。
 署名をチェックする前に誤って送信ボタンを押してしまった場合は、紙の自筆署名をダウンロード、印刷の上、郵送してください。
2024/05/28 17:09 時点で72876人の方が署名をされました。
これに加えて、別途9,173人分の自筆署名が事務局に届いています。(5月24日現在)

【紙による自筆署名】(5/20必着記載分)もそのままお使いいただいて問題ありません。

私たちの活動に署名をお願いします(日本語でご記入ください)


powered by QualitySoft